諏訪湖のワカサギ投網漁 解禁

海と日本PROJECT in 長野

諏訪湖のワカサギ投網漁が、本日9月4日から解禁となりました。

去年は原因不明のワカサギの大量死で大打撃

昨年諏訪湖では、ワカサギの大量死が発生しました。原因は今も調査中ですが、諏訪湖の貴重な資源のひとつを失い、漁業や観光の関係者は打撃を受けました。

その後、芦ノ湖などからワカサギの卵を持ち込むなどの対策を取った結果、それが無事にふ化成長し、2年ぶりに投網漁ができることになりました。

初日のこの日は午前3時から漁が始まり、諏訪湖漁協に約160キロが持ち込まれました。漁協によると例年以上の状態に回復しているということで、7~8センチ程度に育ったワカサギに、関係者もひとまずほっとした様子でした。

投網漁はこれから年内一杯ほど続き、今月中には観光客向けのワカサギ釣りも始まる見通しです。

イベント名諏訪湖のワカサギ投網漁 解禁
日程2017年9月4日
場所諏訪湖

関連記事

ページ上部へ戻る