諏訪湖で「クロモ」が大繁殖

海と日本PROJECT in 長野

近年、水草「ヒシ」の繁殖が問題化している諏訪湖ですが、今年は「クロモ」が大繁殖しており、関係者は駆除に追われています。

大繁殖の理由は良くわかっていません。

「クロモ」はこれまでさほど目立たない存在でしたが、昨年あたりから湖全体で見られるようになり、今期は水面から顔を出すほど茂るようになりました。

この日も朝5時から、県ボート協会の関係者らが熊手などを使って水中からクロモを引き上げ、岸に上げる作業を続けていました。

水質浄化で透明度が増し、日光が当たるようになったため繁殖したとの予測も立ちますが、確かな理由はわかっていません。県では引き続き原因の調査を続けることにしています。

 

イベント名諏訪湖で「クロモ」が大繁殖

関連記事

ページ上部へ戻る