「信州サーモン」に親しもう!

2017-12-12
海と日本PROJECT in 長野

佐久の子育て環境を良くしようと活動を展開している「佐久子育てわくわく団」。「さく*こども食堂」を定期的に実施しています。先月は”信州サーモンに親しもう”と題して開かれました。この日は地元の八千穂漁業さんより、まるまる太った見事な信州サーモンを提供していただきました。

八千穂漁業・佐々木さんの華麗な手さばきで、みる間に3枚におろされる信州サーモンに、子どもも大人も釘づけ。ふだんは切り身の魚しか見ないので、そうなるのも当然ですね。

3.5キロの立派な信州サーモン

信州サーモンは、県水産試験場が10年の歳月をかけて開発した養殖魚です。”サーモン”と呼んでいますがサケではなく「マス類(トラウト)」なんだそうです。サケとマスの区別は、厳密には難しいんだとか。肉のキメが細かく、肉厚で美味がウリです。

信州サーモンで、おさしみ、炊き込みご飯、あら汁を作って、全員でわいわい食べました。おいしかったー。

「さく*こども食堂」は、来年1月28日も開催します。次の食材はこれまた地元名物の佐久鯉!です。ご興味のある方、お気軽にご参加ください。詳しくは、こちらまで。 sakumirai100@gmail.com / facebook「さく*こども食堂/さく*親子カフェ」

 

イベント名さく*こども食堂
日程2017年11月26日
場所佐久市・野沢会館
主催佐久子育てわくわく団

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る